名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 

 

NO.991 オードリー・ヘップバーン


一個の道具のように自分を分析しなさい。
自分自身に対して
百パーセント率直でなければなりません。
欠点を隠そうとせずに、
正面から向かい合うのです。


『オードリー・ヘップバーン物語』(上) バリー・パリス著



生きのびるということは、
絆創膏よりはるかに
大きな意味を持っています


慈善活動をする彼女に、「そんな無政府状態では、
いくら援助しても絆創膏以上の効果はないのでは」?
と質問した司会者に
 『オードリー・ヘップバーン物語』(下) バリー・パリス著



控え目であるためには、
その前になにかに立ち向かうことが必要です


『オードリー・ヘップバーン物語』(下) バリー・パリス著

 

 

NO.992 三木たかし


曲というのは、歌い手との接点が訪れたときに
浮かんでくるものです。
書こうと思っても書けるものではなく、
相手の魅力ある表情や話しかたを
四六時中思い浮かべながら、
映画を見たり本を読んだりしているうちに、
接点がふっと訪れて自分のなかで音が鳴る


作曲家
『いきいき』 2004.6月号

 


NO.993 たかの友梨


どんなにやせようと、肌をきれいにしようと、
内面からみなぎってくるものがなければ価値がない


『運が悪くってよかった!』



人には、その人の生き方がにじみ出して
発露される美しさがある。
それが、その人ならではの雰囲気であり、
魅力というものだ


『運が悪くってよかった!』



美は贅沢でもいたずらな欲望でもない。
傷つき歪んだ心をすこやかに、
前向きに、整える力さえ秘めている


『運が悪くってよかった!』



訓練された技術者なら、
手の技そのものに
大きな違いがあるわけではない。
でもその手から、その人の心根といおうか、
人間性が隠しようもなくにじみ出て、
お客さまの肌を通して伝わっていくのだ


『運が悪くってよかった!』

 

 

NO.994 みなみらんぼう


よく遊び、たまに学べ


『ぼくの中学時代』



過去を思い出すのは、
何も思い出にひたりたいというだけではない。
確認することによって
未来が見えてくるのでなければいけない


『ぼくの中学時代』

 

 

NO.995 米長邦雄


憶えることと考えることは、まったく違うことで、
脳は憶えるという作業では汗をかかないのである。
考えて、考えて、考え抜いてはじめて汗をかく


『運を育てる』



一所懸命に学んで、
どんどん捨てなければ進歩はない。
その過程で流れた脳ミソの汗だけが、
自分の体に沁み込んでいくような気がしてならない


『運を育てる』



さて、負けたあとにどうするか。
これが人生で最も大切なことなのである


『運を育てる』



失敗しても、挫折しても、
“どうしたら女神に好かれるか”
と念じつつ努力さえしたならば、
必ずや勝利の美酒に酔いしれることができる


『運を育てる』

 

 

NO.996 升田幸三


笑えるときに笑え、
いずれ泣くときがくる


『運を育てる』 米長邦雄著

 

 

NO.996 斎藤緑雨


正義は呼号すべきものなり、
印刷すべきものなり、
販売すべきものなり。
決して遂行すべきものにあらず


『斎藤緑雨全集』

 

 

NO.997 はらたいら


色は白ではじまり
黒でおわる
その間の色のつかい
かただよ
人生は


『はらたいらのハラハラ人生劇場』

 

 

NO.998 ウィルメン


人は運命に出会うのではなく、
運命を創造するのである


『文読む月日』(上) トルストイ

 

 

NO.999 鈴木慎一


まず大切なのはやってみることです。
生命は行動する者にのみ
その力を発揮するんです


才能教育研究会会長
 『現代の覚者たち』

 

 

NO.1000 森信三


尊敬する対象が年とともに
はっきりしてくるようでなければ、
真の大成は期し難いですね


『現代の覚者たち』



やっぱり、一対一ということを離れては
命は伝わらんのですよ


『現代の覚者たち』

 

 


検索ツール>

≪ 前    リスト951〜1000    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発