名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発




 

NO.961 豊沢団平


浄瑠璃は語らずに語れ、
三味線は弾かずに弾け


二世豊沢団平/三味線方
 『道八芸談』鶴沢道八著

 

 

NO.962 鶴沢道八


とにかく芸は、たくまずして
自然にそこへ行くということが大切です


初世鶴沢道八
『道八芸談』

 

 

NO.963 野沢喜左衛門


人に教えてもろた事は忘れても、
自分で編み出した事は忘れまへんで


二世野沢喜左衛門/三味線方
 『二代野沢喜左衛門』
野沢勝平・佐藤靄子編

 

 

NO.964 吉野源三郎


わかり切ったことのように考え、
それで通っていることを、
どこまでも追っかけて考えてゆくと、
もうわかり切ったことだなんて、
言っていられないようなことにぶつかるんだね


『君たちはどう生きるか』


 

NO.965 大岡信


よくきく眼は必要だ
さらに必要なのは
からだのすべてで
はるかなものと内部の波に
同時に感応することだ


『〜豊饒記〜』



ひとはみずから
はるかなものを載せてうごく波であり
波動するはるかなものだ


『〜豊饒記〜』

 

 

NO.966 西岡寿美子


おかやん
うちは生きることが辛うなった
ここにじいっとつくなんでいたい
あかつちのなかにもぐりこうで
おかやんの骨の鳴る音をきいていたい


『杉の村の物語 〜たのむきに〜』

 

 

NO.967 坂本遼


大きい 美しい
春がまはつてくるたんびに
おかんの年がよるのが
目に見へるやうで かなしい
おかんがみたい


『たんぽぽ 〜春〜』

 

 

NO.968 上田静栄


愛は標的の問題であります
夢の真実は捉えなくても
愛の真実は捉える必要があります
また愛は捉えることによって真実となるのです


『上田静栄詩集 〜対話〜』

 

 

NO.969 西平直


大切なのは、問いとつき合い続けること。
答えのでない永遠の問いとつき合い続けること。
それは、人生を説明できるとか、
永遠の問いに答えを出せるとか、
そう考えてしまう意識それ自体を打ち砕くため。
打ち砕かれるために、問いの前に立つ


『魂のライフサイクル』

 

 

NO.970 尾崎喜八


豊かな形象にそれぞれ秩序の陰影をあたへ、
もつとも貧しい者をも
「在ること」の偉大で鼓舞して下さい。


『〜秋〜』

 

 


検索ツール>

≪ 前    リスト951〜1000    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発