名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発






NO.801 W・ジェームズ


実在は、意識と対象が分離する以前の
たえず流れている意識の流れである


『心理学教科書』

 

 

NO.802 F・ザビエル


世界中の宝をみな手に入れたところで、
魂をなくしたら何にもなりませんよ

『朝日新聞』
 〜いつもそばに本が〜 2003.11.9

 


NO.803 福沢諭吉


宇宙無辺の考を以て独り自から観ずれば、
日月も小なり地球も微なり。
況して人間の如き、
無智無力見る影もなき蛆虫同様の小動物にして、
石化電光の瞬間、偶然この世に呼吸眠食し、
喜怒哀楽の一夢中、忽ち消えて痕なきのみ


『福翁百話』



学問とはただ難しき字を知り、解し難き古文を読み、
和歌を楽しみ、詩をつくるなど、
世上に実の無き文学を言うにあらず。
専らつとむべきは、人間普通日用に近き実学な





とかく、あまり人生を重くみず、
すて身になって何事も一心になすべし


 

 

NO.804 安藤広重


我死なば焼くなうめるな野に捨てて
 飢ゑたる犬の腹をこやせよ


遺書『人間臨終図鑑U』

 

 

NO.805 鴨長明


ゆく河の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず。
淀みに浮かぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたる例なし。
世中にある、人と栖と、またかくのごとし


『方丈記』



知らず生まれ死ぬる人、
何方より来たりて何方へか去る


『人間臨終図鑑U』

 

 

NO.806 ゴーチェ


奈何にして人は己を知ることを得べきか。
省察を以てしては決して能はざらん。
されど行為を以てしては或は能くせむ。
汝の義務を果さんと試みよ。
やがて汝の価値を知らむ。
汝の義務とは何ぞ。
日の要求なり


 

 

NO.807 モンテーニュ


あなた方は死に方など知らなくても
少しも案ずることはない。
自然がその場で、あますところなく
教えてくれるだろう


『随想録』



この世で、いちばん大切なことは、
どうしたらじぶんが、じぶんのものに
なりきれるか、を知ることだ


『随想録』

 

 

NO.808 種田山頭火


無駄に無駄を重ねたような一生だった。
それに湯を注いで、そこから句が
生まれたような一生だった


『人間臨終図鑑U』

 

 

NO.809 正宗白鳥


人は生まれ、苦しんで死ぬ。
人生の要点はそれでつきている


『人間臨終図鑑U』

 

 

NO.810 明智光秀


逆順ニ門無シ
大道心源ニ徹ス
五十五年ノ夢
覚メ来タリテ一元ニ帰ス


『人間臨終図鑑U』

 



検索ツール>

≪ 前    リスト801〜850    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発