名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発






NO.771 樋口麻美


私は何を感じ、私ならどんなふうに演れるのか。
引き寄せ、突き詰め、その役を生きていくんです


女優
『朝日新聞』 あの人とこんな話 2003.10.27

 

 

NO.772 中平卓馬


写真家の行為じゃな


写真家
 「デジタルカメラは?」の問いに
 『朝日新聞』 ひと 2003.10.27

 

 

NO.773 岡本一平


万有の存在の中に生々世々とか
業の相続とか、因縁とかいうことが無くて、
人間無常の生活に堪え得しめるわけがない。
これを信ぜずに徹底して人を愛し
物事は行えない


『母の手紙』
 〜「母の死」父と子の手紙〜



死はただ眼を瞑るだけのものだ


『母の手紙』
 〜「母の死」父と子の手紙〜

 

 

NO.774 ジョージ秋山


あんた、むなしい、むなしいっていってるけど、
むなしいってことばは、てめえの世話を
焼ききれてないときに出るもんなんだ


『浮浪雲』



刑事ってのはおかしなもんでな。
いろんな事件が解決しても、
自分でなっとくしねえと
どうもすっきりしねえんだよ


『銭ゲバ』 第1巻



この世にもし真実があったとしたら
それは私だ


『銭ゲバ』 第4巻

 

 

NO.775 小山内美江子


小説家になる者は、
未来のすばらしさを書け。
音楽家になるものは、
人の心をいやし、明日を歌え


『3年B組金八先生』

 

 

NO.776 金子光晴


 生きてゐるといふことは、
ぬいても、剃っても毛がのびるといふことだ。


『短詩』



どっからしみ出してくるんだ。
 この寂しさのやつは。


『寂しさの歌』



戦争とは、たえまなく血が流れ出ることだ
その流れた血が、むなしく
地にすひこまれてしまふことだ
僕のしらないあひだに、僕の血のつづきが。


『戦争』



愛情とはからだとからだをよせて、
さむさをあたためあうことなのだ


『一対』

 

 

NO.777 高野喜久雄


いのちとは ただ
待ちぼうけの ことではないか
来るはずのない 何か
巨きすぎるものを 切なく
待ちわびる ことではないか


『現代詩人全集』 第10巻 「いのち」

 

 

NO.778 島本和彦


わかってはいるが、
わかるわけにはいかんのだ!


『無謀キャプテン』

 

 

NO.779 若林健二


プロレスで泣いて、プロレスで笑って、
気が付くと僕は大人になっていた


アナウンサー
『ジャイアントグラム2000』のオープニング

 

 

NO.780 来賀友志


博徒の究極の強さってな 
負けても言い訳ひとつしねえ
その負け面にあるんだよ


劇画・嶺岸信明
 『天牌外伝 1巻』

 



検索ツール>

≪ 前    リスト751〜800    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発