名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 

 

NO.401 CHARA


誠実なものにしたがうさびしがりやの犬よ、
その空腹なものすべてをみたす
あたたかいものをもとめよ


 

 

NO.402 坂手洋二


最後の一人までが全体である

劇作家




NO.403 マイケル・ジョーダン


僕はこのチームのスーパースターじゃないし、
誰も陰に押しやりたいとは思わない。
チームメイトにとけ込みたいだけだ





めったに怪我をしないのは、
常に全力でプレーをしているからです






NO.404 アンドレイ・タルコフスキー


子供時代を失うことは、
詩の始まりです








NO.405 YO-KING


この愛は始まってもいない


歌手
『この愛は始まってもいない』



僕たちは始まってもいない


『この愛は始まってもいない』



大したことなどないのさ 
やりやすいことから少しずつ 
大した人などいないのさ 
僕はここにいるよ


『空にまいあがれ』
真心ブラザーズ

 

NO.406 釈迦


他者を依り所とせず、
ただ自己と法とを頼りとせよ





アーナンダよ。
そうではない。そうではない。
善き友をもつこと、善き仲間のいること、
善き人々に取り巻かれていることは、
清浄行の全体である


『サンユッタ・ニカーヤ』



お前達には判らないのか、
あの激しい無常の嵐が、未だわからないのか。
ものはみな常住しないのだ。
いずれの日にか衰え、いずれの日にか滅ぶのだ。
快楽の影にも無常の響きがこもっているのだ





生きとし生けるもののなかに
汝自身の宿り住むことを知れ


『文読む月日』(上) トルストイ



自分自身にとっての灯明たれ。
自分自身にとっての避難所たれ。
汝の灯明を掲げ、
ほかの避難所を求むるなかれ


『文読む月日』(下)トルストイ



己れ自らを眼覚めしめよ。
さすれば汝は汝自身に守られて
正覚への道に精進し、
永久不変の存在となるであろう


『文読む月日』(下)トルストイ




NO.407 山田洋次


人間が人間らしく生きることが、
この世の中にあっては如何に悲劇的な結末を
たどらざるを得ないかということを、
笑いながら物語ろうとしてるんです





青春時代にいくつほめられたかで、
人間の人生は決定するような気がする


『心がカゼをひいたら』 武田鉄矢著



貴女を幸せにする自信はありません。
でも、僕が幸せになる自信はあります


映画 『釣りバカ日誌』

 

 

NO.408 ナナリー・ジョンソン


人の魂は
大きなひとつの魂の一部に過ぎない


映画 『怒りの葡萄』



心配いらん 
俺は暗闇のどこにでもいる 
母さんの見える所にいる 
飢えて騒ぐ者がいればその中にいる 
警官が人を殴っていればそこにいる 
怒り叫ぶ人の中に 
食事の用意ができて笑う子供達の中に


映画 『怒りの葡萄』



女は男より変わり身が早い 
男は不器用でいちいち止まる 
人の生き死に 
農場の立ち退きで止まってしまう 

ところが女は流れる川でね 
渦や滝もある 
あっても止まらずに流れる 
それが女の生き方よ


映画 『怒りの葡萄』


金持ちはだめ 子供が弱いと死に絶える 
でも私達民衆は違う 死なない 
しぶとく生きて行く


映画 『怒りの葡萄』

 

 

NO.409 ベルネ


生きることは故郷を求めることである


『著作集』

 

 

NO.410 ベルグソン


意識する存在にとって生存するということは、
変化することであり、変化するということは、
経験を積むことであり、経験を積むということは、
無限におのれ自身を創造していくことである


『創造的進化』

 

 


検索ツール>

≪ 前    リスト401〜450    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発