名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 

 

NO,331 仙崖



死にとうない


江戸時代の高僧
臨終のことば


 

NO,332 ペディエ



別れていることは
それは生でもなく、死でもなく、
生と死とのかたまりであった


『トリスタンとイズー物語』



NO,333 モーム



頭の底のどこかで、
何もかも一切は
とんでもない冗談だという気がしていた


『人間の絆』




人生への準備には、もううんざりした。
今こそ、生きてみたいんだ


『人間の絆』




あらゆる屈辱よ、来らば来れ、
むしろそれに直面することによって、
いわば運命の手に挑んでいるのだという、
一種奇妙な気持を感じていた


『人間の絆』




描かないではいられないんだ。
自分でもどうにもならないのだ


『月と六ペンス』



ぼくらは謙虚でなくちゃいけない。
静かな生活の美しさを知るべきだよ。
「運命」の眼にさえも気づかれないで、
そっと人知れぬ一生を終るべきなんだ


『月と六ペンス』

 

 

NO,334 中島敦



今までは、どうして虎などになったかと
怪しんでいたのに、
この間ひょいと気が付いて見たら、
己はどうして以前、人間だったのかと考えていた


『山月記』




理由も分らずに
押付けられたものを大人しく受取って、
理由も分からずに生きて行くのが、
我々生きもののさだめだ


『山月記』

 

 

NO,335 石川啄木



歌は私の悲しい玩具である







こころよくわれに働く仕事あれ 
それを仕遂げて死なんと思う





山は動かざれども、海は常に動けり。
動かざるは眠の如く、死の如し。
しかも海は動けり。常に動けり。
これ不断の覚醒なり。
不朽の自由なり





あすの考察。
これ実に我々が今日において
なすべき唯一である





我々は今、最も厳密に、大胆に、
自由に今日を研究して、
其処に我々自身にとっての
明日の必要を発見しなければならぬ


『時代閉塞の現状』

 


NO.336 世阿弥


秘すれば花なり


『風姿花伝』



老人の物まね、この道の奥儀なり。
能の位、やがて外目に現わるる事なれば、
これ、第一の大事なり


『風姿花伝』



声を忘れて曲を知れ、
曲を忘れて調子を知れ、
調子を忘れて拍子を知れ


『音曲口伝』

 

 

NO,337 モーパッサン



あれだ。
それなのに俺たちは
愚にもつかぬことに腹を立てている


『ピエルとジャン』
美しい月を眺めながら


 

NO,338 安部公房



悲しみはお茶の味を良くするものです。
だからきっと僕は悲しかったに違いありません


『壁』



人間は悲しいから涙がでるんじゃない。
涙がでるから悲しいんだ


『朝日新聞』


 

NO,339 テネシー・ウイリアムス



人間ってものは、
知り合いになってみれば
どんな人間でも
そんなに恐ろしいもんじゃないんです


『ガラスの動物園』

 

 

NO,340 ゴーリキー



自分で自分を尊敬できるような生活、
しなきゃならねぇということだ…



『どん底』



あきらかにトルストイの心を
もっともしばしばさいなんでいる思想は、
神についての思想である。
いや、ときにはそれは、そうした思想ではなく、
彼が自分自身の頭上にその存在を
感じているなにものかに対する
激しい抵抗のようでもある


『レフ・トルストイ』



生きた人間が生活の主人なのだ。
生活は彼のためのものである





改造すべきは単に世界だけでなく、人間だ。
その新しい人間はどこから現れるか?
それは外部からでは決してない。
友よ、それをお前自身の内に
見いだすことを知れ




 


検索ツール>

≪ 前    リスト301〜350    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発