名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 



NO,321 慈雲



今日にして今日足る。
更に来日を期せず。
此処にして此処たる


『人となる道』


 

NO,322 水野透



孤独は、不良のビタミン剤や


お笑いコンビ・リットン調査団



教科書見てたら、なんやこらいうて。
「リットン調査団」て
歴史用語ちゃうがなこんなん。
この語感おもろいなということでつけて。
大学生の時です


笑芸リポート&評論 『AHAHA』


 

NO,323 大岡昇平



死ぬまでの時間を、
思うままに過すことが出来るという、
無意味な自由だけが
私の所有であった


『野火』



死ねば私の意識は
確かに無となるに違いないが、
肉体はこの宇宙という大物質に溶け込んで、
存在するのをやめないだろう。
私はいつまでも生き続けるのだ


『野火』


 

NO,324 武田麟太郎



気分だよ、
人間、大切なのは気分だよ。
その気分に二人は惹きずられたってわけさ


『下谷竜泉寺』


 

NO,325 井上靖



人間が信じられないんなら、
人間を信じないで生きてごらん。
生きるということは恐らく、
そうしたこととは別ですよ


『城砦』



父に世話になろうがなるまいが、
たとえ小さい時棄てられたとしても、
それでもなお、子供は父というものに
かばわれているのである


 

 

NO,326 井伏鱒二



もしもし、きみ。
僕の顔は、血だらけになってやしませんか


『夜ふけと梅の花』




あたしたち、
いじらしく生きて行くことだけが、
お互いに魅力だったんじゃなかったかしら


『木靴の山』

 

 

NO,327 伊藤整



やっといま人生が分かったと思う時、
自分は溌剌とした草や木の生い繁る人間の森から
もう出はずれる所へ来ている


『氾濫』




「真相」は分らない。
それを無理に追うよりも、
曖昧さの薄闇の中に、
もの事をおぼろなままで放置せよ。
そこにあるおぼろな形が人生なのだ


『変容』

 

 

NO,328 中里恒子



遭うことはなくても もみぢは散る。
時雨は降る。
さあっと降るのでした


『時雨の記』

 

 

NO,329 森鴎外



けふなり。
けふなり。
きのふありて何かせむ。
あすも、あさても空しき名のみ、
あだなる声なり


『うたかたの記』




森林太郎トシテ死セントス 
墓ハ森林太郎ノ外一字モホルベカラズ

遺書
 『鴎外随筆集』



現在は過去と未来との間に画した一線である。
この線の上に生活がなくては、
生活はどこにもないのである


『青年』



死を怖れもせず、
死にあこがれもせずに、
自分は人生の下り坂を下つて行く


『妄想』

 


NO,330 ボーマルシェ



もの皆 唄でおわる


『フィガロの結婚』


 

 


検索ツール>

≪ 前    リスト301〜350    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発