名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 



NO,311 一遍



阿弥陀仏の名号を称え、
一切衆生に流動すべし


臨終のことば



生ぜしも独りなり 
死するも独りなり 
されば人と共に住するも
独りなり





六道輪廻の間には 
ともなふ人もなかりけり 
独りむまれて独り死す 
生死の道こそかなしけれ


『百利口語』 一遍上人語録



花のことは花にとへ。
紫雲のことは紫雲にとへ


『一遍上人絵伝』



没後のことは、わが門弟におきて
葬礼の儀式ととのうべからず。
野にすててけだものにほどこすべし


『一遍聖絵』



NO,312 尾崎一雄



この頃、永生なんかどうでもいいと思うようになった。
どっちでもいいのである


『梵鐘再建』



だがしかし、諦め切れぬ人間が、
次から次と積み上げた空中楼閣の、
何と壮大なことだろう。
そしてまた、何と微細繊巧を極めたことだろう


『虫のいろいろ』



NO,313 武田泰淳



自分の弱みをさらけだすまで生きのびなけりゃ、
自分というものはわからんからね


『耳』



恥多き我が半生に ふと思う
生き恥さらしてなお
人は生きねばならぬ




 

NO,314 斎藤茂吉



僕等はいつも高いものと深いものとを目がけて、
常に寂しい心を持っていねばならぬとおもうが
どうであろうか


『冬夜漫筆』



ただ作家の道はそういう法力によって
悟入するものではない。
歩兵の如くに執拗に歩くことによって
おのずと悟入するものである


『短歌道一家言』


 

NO,315 長与善郎



とにかく僕は何かひとつの道に徹底したいよ。
差し当たり僕はどうもその事を願わずにはおられない


『青銅の基督』


 

NO,316 有島武郎



お前たちをどんなに深く愛したものがこの世にいるか、
或いはいたかという事実は、
永久にお前たちに必要なものだと私は思うのだ


『小さき者へ』



それは生きてる人間ですもの、
こっちの隅あっちの隅と
小さな事を捕えて尤めだてを始めたら
際限はありませんさ


『或る女』



死――死も亦生に貢する
一つの流れに過ぎないのだ


『草の葉』



行け。勇んで。
小さき者よ


『小さき者へ』



私は私自身を何者にも代え難く
愛することから始めねばならない





私にとって巳み難き要求なる
個性の表現の為に、
あらゆる有縁の個性と私のそれと
結び付けようとする厳しい要求の為に、
私はあえて私から出発して行こう




 

NO,317 溝口健二



今、あなたがやっと私の思うお方になって下さった。
と、そう思った時、
私はもうこの世の人ではなくなったのです。
これが世の中というものでしょうねぇ


映画 『雨月物語』


 

NO,318 モリエール



どこへ行ったって、わたしの用にゃ変わりはないよ。
とりもちをしたり、走り使いをしたり、
生まれ持った才覚でなんとかうまくやって行くだけさ


『守銭奴』



考えてもみてください。
あなたの生命力の根源は、
あなたご自身のなかにあるんですよ


『病は気から』



とんでもない。無事平穏な恋なんて、
いっこうつまらんものですぜ。
人生には波ってものがありますよ


『スカパンの悪だくみ』



しかし、人間のやり口が公平でないから、
君が社会から離れたというのは、
どうも我が意を得ないな。
人間にそういう欠点があればこそ、
我々はこの世の中に生きていて、
我々の哲学を練る道が見出せるのだ


『人間ぎらい』



議論なんか、いくらしたって物事が
はかどるもんじゃありません。
行なうべし、言うべからずですよ




 

NO,319 花田勝治



土俵のけがは
土俵の砂でなおしてゆくんですよ
けがをするたびに休んでいたんでは 
勝負師にはなれませんね 

初代若乃花関
『日経新聞』


 

NO,320 野口雨情



しゃぼん玉消えた 飛ばずに消えた 
生まれてすぐに こわれて消えた
風々吹くな しゃぼん玉飛ばそ


『しゃぼん玉』
夭逝した娘へ捧げた詞

 

 


検索ツール>

≪ 前    リスト301〜350    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発