名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発


 



NO,301 ゲーテ



われわれが内に向かって
われわれのなすべきことをしたら、
外に向かってなすべきことは
おのずとなされるでしょう


J・H・マイヤーへ



ああぼくの知ることは、
だれでも知り得るのだ。
――ぼくの心はぼくだけが持っている


『若きヴェルテルの悩み』



そうだ、全くぼくは一個の旅人、
地上の巡礼に過ぎない


『若きヴェルテルの悩み』



人間は地上で楽しむためには
僅かの土くれがあればいいのだ。
地下で休むためには
更に僅かの土くれがあればいいのだ


『若きヴェルテルの悩み』



ただちに内部に向かえ、
そのなかに中心が見つかる。
どんな貴人もそれを疑いはしない。
きっとそこに規則が見つかるだろう


『遺言』



ほどよく充実と浄福を楽しめ、
生が生を楽しむところには、
常に理性をあらしめよ。

そうすれば、
過去は常住にあり、
未来はあらかじめ生き、
瞬間は永遠となる


『遺言』



今日も今日とて、
罪もない避難民の気の毒な様を見に、
みな遊山みたいに出かけるのです。
同じ運命が、すぐとは言わないまでも、
いずれは自分の身の上を見舞うことを
考える者とてありません。

こうした浮わついた気持ちは勘弁なりませぬが、
やはり人間の持ち前ですなあ


『へルマンとドロテーア』



地上のあらゆる所有の中で、
自分のハートが最も貴重なものである


『フランクフルト学者報知』



わたし(メフィスト)は、
人間の苦しむのを見ているだけです。
人間というこの世界の小さい神さまは
今も同じ型にできていて、
天地の最初の日と同じように気まぐれです


『ファウスト』



二つの魂が、
ああ、わたしの胸には宿っている。
それが互いに離れたがっている。

一つはたくましい愛欲にかられ、
からみつく器官で現世に執着する。
も一つの方は無理やり塵の世を離れて
高い先祖の霊界に登る


『ファウスト』



かの一は、永遠に一であろう。
多に分かれても、一。
永遠に唯一のもの。
一の中に多を見いだせ。
多を一のように感ぜよ。
そうすれば、芸術の初めと終わりが得られる


『パキスの予言』



才能は静けさの中で作られ、
性格は世の激流の中で作られる


『タッソー』


人の霊は
水にも似たるかな。
空より来たり、
空へ昇る。
再びくだっては 
大地にもどり、
永久に変わりてやまず


『水上の精の歌』



あらゆる状態で、
第三者が間にはいってくることほど
重大なことはありません


『親和力』



人間は、その及ぼし得る一切の影響を、
その人格によって人間に及ぼすものである


『詩と真実』



愛によってのみ、人は自然に近づく


『自然に関する断片』



支配したり服従したりしないで、
それでいて何者かであり得る人だけが、
ほんとに幸福であり、偉大なのだ


『ゲッツ』



結局われわれはどう立ちまわって見ても、
みな集合体なのだ


『ゲーテとの対話』 エッカーマン著



瞬間とどまることはあっても
それは外見だけである。
永遠なものは
一切のもののうちに活動し続ける


『神と世界』



無限の中に歩み入ろうと欲するか、
有限なものの中をあらゆる方面に行け


『神と心情と世界』



誤りは真理に対して、
睡眠が覚醒に対するような関係にある。
人が誤りから覚めてよみがえったように
再び真理に向かうのを私は見たことがある


『格言と反省』



大小を問わず、性格とは、
人間が自分のできると感じたことを
首尾一貫させることである


『格言と反省』



体験したことをだれしも尊ぶことを知っている。
年をとって思索し沈思する人は特にそうである。
これだけはだれからも
奪い取られないということを、
彼は確信と心安らかさをもって感じている


『格言と反省』



人は一生のうちにしばしば述懐する。
色々なことに手を出すのを避けなければならない、
特に、年をとればとるほど
新しい仕事につくことを避けなければならない、と。

だが、そんなことを言ったって、
自他を戒めたって、だめだ。
年をとるということが既に、新しい仕事につくことなのだ。
すべての事情は変わって行く


『格言と反省』



あけぼのの薄ぐらいうちにいち早く起き出して、
太陽を待ちこがれていたくせに、
太陽が上って来ると、目がくらんでしまう人のような気持を
私は、学問において味わった


『格言と反省』



われわれが神と自然から受けた最高のものは生命であり、
休息も静止も知らない単子(モナス)の自転回転運動である。

この生命をはぐくみ育てる衝動は、
各人に生まれついていて破壊しがたい。
しかし生命の特性は自他にとって常に秘密である


『格言と反省』



われわれの処世術の本領は、
生存するためにわれわれの存在を
放棄するところにある


『格言と反省』



物事の無常について仰々しくしゃべり立て、
現世の空しさの考察にふける人々を私はあわれむ。
われわれは、無常なものを
無常でなくするためにこそ存在しているのだ


『格言と反省』



ほんとにたくさんの矛盾のうなっているところを
私は何よりも好んでさすらう


『温順なクセーニエン』



ひそかに清く自己を保持せよ


『温順なクセーニエン』



われわれには理解できないことが少なくない。
生き続けて行け。
きっとわかって来るだろう


『温順なクセーニエン』



お前の努力は愛の中にあれ、
お前の生活はおこないであれ


『ヴィルヘルムマイスターの遍歴時代』



人間の最大の値打ちは、
人間が外界の事情にできるだけ左右されず、
できるだけこれを左右することにある


『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』



われわれの外部にある一切のものは
要素に過ぎない。
否、われわれにくっついている一切のものも
要素に過ぎないと言ってよいだろう。

しかし、われわれの奥ふかくには、
あるべきものを創りだすことのできる創造力がある。
その力は、われわれが、あるべきものを、われわれの外部に、
あるいはわれわれの身辺に、何らかの方法で現すまでは、
われわれを安らかにさせない


『ヴィルヘルムマイスターの修行時代』



常に現在の時間にしっかりしがみつけ。
私は現在に自己のすべてを賭けている





いや遠くさまよい出でんとするか。
見よ、善きことはまこと近きにあり。
幸福を捉える術を知れ。
幸福は手近にあれば





向こう見ずは天才であり、
魔法であり、力です。
さあ、今すぐ、始めなさい





死を考えてみても、
私は泰然自若としていられる。
なぜなら、われわれの精神は、
絶対に滅びることのない存在であり、
永遠から永遠に向かって絶えず活動していくものだと
確信しているからだ


『ゲーテとの対話』



もし世界というものがこれほど単純でなかったら、
いつまでも存在することは不可能だろうね。

この貧弱な土地はもう数千年も前から耕されてきているわけだが、
地力はいつも同じなのだ。
ほんの少し雨が降り、ほんの少し日があたれば、
春を迎えるたびに緑が萌える。
そしてそれがずっと続いていくのだ


『ゲーテとの対話』  エッカーマン著



自然は、生半可な人間を軽蔑し、
ただ、力の充実したもの、
真実で純粋なものだけに服従して、
秘密を打ち明ける


『タッソー』



内省するだけでは、いかなる人間も、
自分の本体を会得することは難しい。
人間は人間と交わってのみ、
自己を会得する


『タッソー』



およそ友人の中に世間を見ない者は、
世間に知られるに値しません。
ここが私の祖国、
ここが私の魂の好んでさまよう世界です


『タッソー』



おのぼりなされ。
あるいはお下りなされ。
同じことじゃよ


『ファウスト』



滅ぶ──何だ、それは。
からっぽな言葉だ。
意味のない響きだ


『若きヴェルテルの悩み』



思想は再来する、
信念は伝播する、
状態は過ぎ去って呼び戻し難い


『藝術と古代』



最も美しい輪廻は、
他人のうちに再び自己の現れるのを
見る時のそれである


『形態学のための冊子』



我々には、毎日経験を闡明し、
精神を浄化する理由がある


遺稿



最大多数の者なぞ、
見つけることも知ることもできはしない。
最善のものを探り出すことなど、
ましてものことだ。
しかし、多くの者は
つねにわれわれのまわりにいる

『ヴィルヘルムマイスターの遍歴時代』



厳しい生の基盤の上にこそ、
明るいものはかくも美しく現れる。
厳しさと明るさが喜びに節度をあたえる。
そして、節度によってのみ、
われわれは保たれるのである

『ヴィルヘルムマイスターの遍歴時代』



僕はどんな時でも自分の好む時に、
現世という牢獄を去ることが出来るという
自由感を持っているのさ

『若きヴェルテルの悩み』



被造物はただ走っていさえすればよい。
軌道は自然が知っている


『自然についての断章』



自然には内部もなければ外部もない、
内部がそのまま外部なのだ。
たえず怠ることなく、
この「開かれた神秘」をつかめ


『神と世界』



人間というものは、たといこの地上の生活が
幾千という現象をもって心を引きつけようとも、
なお求真と憧憬のまなざしを天空に向けるものなのだ。
天空は人間の上に無限に弓形にひろがっており、
人間がそれを仰ぎ見るのは、わが心のなかに、
自分もこの大世界の一市民であることを
深くまた明確に感じているからである。
このことに関する信念を私たちは
拒むことも捨てることもできない。
この予感のなかにこそ、一つの知られざる目標に向かっての
永遠の励みの秘密があるのだ


『ミュラーとの談話』



他人は私自身が知るよりももっとよく私を知っている。
私はただ外界にたいする私自身の関係だけを知り、
これを正しく評価することができるだけである。
だから、私たちはその点に自己を局限しなければならぬ


『ミュラーとの談話』



私の発表したすべては、
大きな告白の断片にすぎない





人はだれでも自分自身のことから始め、
そしてさしあたっては、
自分自身の幸福をつくらなければならない。
そうすればそこから、
おしまいに全体の幸福が生じてくるだろう





死んで生きよ、この神秘にふれない限り、
いつでも人間はただの地上の悲しき客人にすぎない





人間はさまざまな段階を通らなければならない。
そして、どの段階にも独得な長所と短所とがある。
そういう長所や短所は、その時期時期において
あくまで当然であり、またある点で正しい。
けれども次ぎの段階にくると彼はまた別人になる。
そして以前の長所や短所は跡かたもなくなり、
別な長所と短所がそれにとってかわる。
こうして続いていって、ついには、
予測できない最後の変化に達するのだ


『対話』 エッカーマン著



ニューヨークには、
九十もの異ったキリストの宗派がある。
しかもその各々が互いにこんがらかることもなく、
それぞれの流儀で、神と主を信じている。
自然研究、否、すべての研究において、
われわれはそこまで行かねばならない


『格言と反省』



世界を内部から動かしてこそ本当の神だ。
自然を自己の内に宿し、
自己を自然の内に包含させ、
その内に生動し存在する一切がつねに
彼の力をあらわし、
彼の精神を体してこそ本当の神だ


『神と心情と世界』



どんな本質も無へと
くだけ散ってゆくことはできない。
永遠なるものがすべてのうちにはたらいている。
幸福な思いをもって存在に即け。
存在こそは永遠である


詩 『遺訓』



神性にふれるには、おのれを
最高の理性に高めなければならない。
神性は、自然の、あるいは人倫の、
根源現象のなかにあらわれる。
神性は根源現象の背後にひそみ、
根源現象は神性から流れ出るのだ


『対話』 エッカーマン著


生命とはこのようなふしぎな混合なのだ。
それゆえ、神に感謝するがいい、
神がおまえを押しつけるとき、
また神に感謝するがいい、
神がおまえを解き放つとき


『西東詩集』



ケプラーはいった、「私の最高の願いは、
私が外界の至るところに見出だす神を、
内界にも、私の内部にも同じように見出だすとである」と。
この高貴な人は、まさにその瞬間には、
彼の内なる神的なもの宇宙の神的なものと
緊密に結び合っていることを
意識的に感じていなかったのである


『箴言と省察』



永劫不変の
法則に従って、
われらはみな
われらの存在の
環をまっとうするのだ


『詩集』



美は一つの根源現象だ。
それ自身はあらわれないが、
その反映は、創造精神の
無数の異なった発現のなかに見られ、
自然そのもののように多種多様である


『箴言と省察』



われらが生は小さき環に区切られ、
世代は世代にあいつぎ、
存在の限りなき鎖につながりつつ
生きてゆくわれら。


『詩集』



つねに今日の日の続くことが、
永遠の存在を保証している


『箴言と省察』



不死の証明は、各人がそれぞれの
胸のなかにもっているにちがいない。
それ以外にはその証明は与えられない。
なるほど、自然界における一切は代謝ではあるが、
しかし代謝するものの背後には
一つの永遠なるものが安らっているのだ


『ミュラーとの談話』



私たちは知識の増加するにつれて
いよいよ小さくなるばかりである。
かつては巨人のように
全宇宙とともに立っていた私たちが、
いまは部分に向かい合って
一寸法師として立っているのである


『箴言と省察』



私は太陽のなかに、光と、
神の創造的な力とをあがめる。
それによってのみわれわれは生活し、
活動し、存在するのであって、
すべての動植物もわれわれとともにそうするのだ


『対話』 エッカーマン著



ただ私たちは、わが身を自分みずからの世界に局限し、
指定された圏内で静かに正しいことをおこなえばよいのだ


『ミュラーとの談話』



生命あるものは、外部的な影響の
きわめて多様な条件に順応していながら、
しかも、おのれが獲得した決定的な
ある一定の独自性を放棄しない、
という天性をもっている


『箴言と省察』



生命の単位は、分離したり結合したり、
普遍にかえったり特殊になったり、
変化したり固定したり、するのが根本の性質である。
すべての生物はあらゆる条件のもとで、
あらわれては消え、凝固しては溶解し、
集まっては散り、伸びては縮むことをくりかえす。
しかも、このような作用は同じ時間に同時におこなわれ、
無数のものが一刻を争って押しあうのである。
発生と消滅、創造と破壊、誕生と死
――それがおびただしく重なりあい、
おびただしく入りみだれている


『箴言と省察』



何よりも極端に走りがちなのが情熱ですわ


『親和力』



すべての青年はこのように愛さんと、あこがれ、
すべての少女はこのように愛されんと、あこがれる


『若きウルテルの悩み』 再版の扉



個人は何ものかに達するためには、
自己を諦めなければならないということを、
だれも理解しない





 

NO,302 岸田今日子



子どもに物語を
読んで聞かせてあげたかったから


女優をめざした理由




NO,303 岩野泡鳴



苦痛があればあるだけ
その苦痛にモッと深入りしたいと
もがくのが生命だ


『憑き物』




NO,304 ジョニー・ロットン



伝説のバンドとか言われるのはイヤだね。
俺たちがやったことを認めてもらうのは構わないけれど、
偶像化されるのは困る。
パンクの神様のように奉られるのはバカバカしい。
俺たちは人間なんだ


セックス・ピストルズ




NO,305 ウィラ・キャザー



人生には2つか3つの物語しかない
しかしそれは何度も繰り返されるのだ


映画 『愛と哀しみのボレロ』




NO,306 チャップリン



問題は生きる事だ
あとは考えないでいい


映画 『ライムライト』



年をとれば命が惜しくなる
生きている事が習慣になるんだ


映画 『ライムライト』



瞬間の命を生きればよろしい
すばらしい瞬間がいくらでもある


映画 『ライムライト』



人生を恐れてはいけない 
人生に必要な物は
勇気と想像力と少々のお金だ


映画 『ライムライト』



死と同じく 生も避けられない 


映画 『ライムライト』



憐れみ以上の物よ 
私はそれと生きてきたのよ 
彼のこころよ 優しさよ 
彼の悲しさよ 
私をそれから離せないわ


映画 『ライムライト』



何も失われてない 
少々変わるだけだ


映画 『ライムライト』



宇宙の何よりも貴い
生きるという奇跡を消してはいけない。
星に何がある。
ただ空をめぐっているだけだ


映画 『ライムライト』



私の人生には、設計図も哲学もない。
賢者でも愚者でも、人はみな、
もがきながら人生を歩むより他ないのだ。
その歩みを長く続けてきた者ほど、
世間から遠ざかっていく


『チャップリン自伝』



おれ達は泥棒じゃない
空腹なんだ


映画 『モダンタイムス』



なぜ意味が必要だ
人生は願望だ 意味じゃない
人生はすべて願望だ


映画 『ライムライト』



しかし
意味をどう言っても中身は変わらない
バラはどこまでいってもバラだ


映画 『ライムライト』



誰にだって生きる苦労がある 
それが人類の十字軍だ


映画 『ライムライト』



残された年月で真実を掴みたい
それしかない
真実だ
それが望みだ


映画 『ライムライト』



仕事の中にこそ確固とした方向はあるのであり、
ほかはすべて迷妄にすぎなかった


『チャップリン自伝・下巻』



我々の存在がただ無意味な偶然にすぎないとは、
わたしにはどうしても信じられない。
・・・生死の現れ方は、・・・見方を変えれば、
むしろ逆に一定不動のある目的、
三次元的精神の理解を超えた、
厳たるある意志の存在することを
証明しているのではあるまいか


『チャップリン自伝・下巻』



一生の間に、将来に関して
一時的不安を感じたことは何度もあるが、
すぐれた喜劇がすべての問題を
解決するという信念だけは、
一度もゆらいだことはなかった


『チャップリン自伝・下巻』



NO,307 アンジェイ・ワイダ



私はポーランドのことしか映画にしません。
ポーランドに生まれ、
ポーランドに生きてきたからです






NO,308 空海



生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、
死に死に死んで死の終りに冥し


『秘蔵宝鑰』




遠くして遠からざるは即ち我が心なり。
絶えて絶えざるは是れ我が性なり


『性霊集』



 

NO,309 藤子・F・不二雄



のび太君を選んだ君の判断は正しかったと思うよ。
あの青年は人の幸せを願い、
人の不幸を悲しむことの出来る人だ。
それが人間にとって大事なことなんだからね
彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると
僕は信じているよ


しずかちゃんのパパ
 嫁いでいく娘へ
『ドラえもん』 第25巻



ぼく、ひとりでおきるよ。
これからも、何度も何度もころぶだろうけど…。
かならず、おきるから安心しててね、
おばあちゃん


のび太
 『ドラえもん』 第18巻



今の時代が気に入らないと
こぼしてるだけじゃなんにもならない


『ドラえもん』



オバQって、確かにこちらがつくり出した
キャラクターには違いないんだけれど、
それを一所懸命に写そうと努力していくうちに、
あるべき姿に収まってくるんですね


『文藝春秋臨時増刊 コミック'94』



だれにでもマンガ的な一面はあるものです。
それを作者の分身にミックスしたのがQ太郎です

『オバケのQ太郎』 第7巻



おとなって、かわいそうだね。
自分より大きなものがいないもの


『ドラえもん』 第16巻



しかしだね。ここでぼくに
たよろうなんて気をおこすなよ。
男なら正せい堂どうと自分の
み力で勝負しろ


『ドラえもん』



手近のとのさまをつかまえて、
相手のとのさまにわたせば、いくさはおしまいさ


『ドラえもん』 第1巻



そのへんでやめときな。
りっぱすぎる決心は、きっと三日ぼうずになるから


『ドラえもん』 第16巻



ときどき理屈に合わない事するのが
人間なのよ


しずかちゃん
「どうして敵を助けるの」というロボットの問いに
映画 『のび太と鉄人兵団』


 

NO,310 一休宗純



門松は冥土の旅の一里塚 
めでたくもあり 
めでたくもなし


『語録』



有露地より無露地へかえる一休み 
風吹けば吹け 
雨降らば降れ





借り置きし 五つのものを 四つ返し 
本来空に 今ぞもとづく


辞世の句
『辞世のことば』 中西進



ナルヨウニナル、シンパイスルナ


遺言状



世の中は、食ふて はこして 寝て 起きて
さてその後は死ぬるばかりよ





夫れ人間あり様、万事とどまる事なし。
もとより生のはじめを知らざれば、
死の終をわきまへず




 


検索ツール>

≪ 前    リスト301〜350    次 ≫名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発 名言 - 格言 - 名言集 - ことわざ - 世界のことわざ - 人間学 - 自己啓発